杉ひさたけWebsite

活動報告

3月17

「石炭火力 高効率技術の輸出を」経済産業委員会

2014年度予算案について、グループ補助金の柔軟な対応を要請し、あわせて被災企業の収益力回復に向けた本格的な経営支援と風評被害対策の強化を要請しました。赤羽経済産業副大臣より、指摘を踏まえ被災地の産業復興に取り組むとの答弁がありました。

また消費税転嫁対策に関連し、独立行政法人や国立大学法人などの公的機関に物品納入している業者が安心して消費税を転嫁できるよう環境整備を要請するとともに、違反事例は実名公表等厳しい措置を講ずるよう要求しました。

さらに、日本の高効率な石炭火力発電技術を米国、中国、インドなどに輸出し、環境面で国際的な貢献をすべきと提案しました。茂木敏充経産相からは、「石炭火力の高効率技術を国際展開することで、環境問題にも日本として貢献したい」との考えが示されました。


3月13

参院委員会で活発に質問

新妻、杉、河野、長沢、谷合、佐々木の各氏

包括ケア 「医療と介護を一体化」
軽減税率 「10%と同時に導入を」
予算委中央公聴会で公述人が表明
新妻、杉、河野の3氏

参院予算委員会は13日、2014年度予算案に関する中央公聴会を開き、公明党の新妻秀規、杉久武、河野義博の3氏が質問した。

新妻氏は、地域包括ケアシステムを推進する必要性を確認。

神奈川県立保健福祉大学名誉教授の山崎泰彦公述人は、「住み慣れた地域で生涯を全うするのは皆の共通した願い」と強調。医療と介護を一体化して地域で支える重要性を指摘した。

さらに新妻氏は、消費増税に伴う軽減税率導入について尋ねた。

淑徳大学教授の結城康博公述人は、軽減税率を導入せず負担感が残れば消費税への信頼が薄れると指摘。「10%(への引き上げ)と同時に低所得者に優しい軽減税率を入れるべき」と主張した。

一方、杉氏は、石炭火力発電のインフラを輸出すべきと提案。

第一生命経済研究所主席エコノミストの永濱利廣公述人は、「石炭は世界中に点在し、日本の技術が一番高い」と述べ、インフラ輸出のメリット訴えた。

河野氏は、政府が集団的自衛権の行使を容認してこなかった歴史的役割を聞いた。

元内閣法制局長官の阪田雅裕公述人は、日本がベトナム戦争などに加わらなかった歴史を挙げ、「結果として自衛隊員に一人も犠牲が出ていない」と語った。

空き部屋の活用提案
地域包括ケア 都市部での拠点に有力
長沢氏

13日の参院厚生労働委員会で公明党の長沢広明氏は、高齢者が住み慣れた地域で医療、介護、住まいなどのサービスを一体で受けられる「地域包括ケアシステム」の構築について、地域の自主性を生かした取り組みを推進すべきだと主張した。

長沢氏は東京、大阪などの都市部で今後、急激に75歳以上の後期高齢者が増えるとの見通しに触れ、「(社会基盤が整っている)都市部の強みを生かして対応すべきだ」と指摘。団地などの空き部屋に医療・介護施設を誘致し、地域包括ケアシステムの拠点とするよう提案した。

これに対し田村憲久厚労相は、「空き家を利用するのが都市部での高齢化対策になる」との認識を示し、自治体に対して住宅部局と福祉部局の連携に向けて、助言・指導していくと述べた。

また長沢氏は、定期巡回・随時対応型訪問介護サービスについて、ニーズは高い一方で参入事業者が少ないとして、制度理解を促進すべきだと訴えた。

使い勝手をよくせよ
被災企業へのグループ補助金
谷合氏

13日の参院経済産業委員会で公明党の谷合正明氏は、春闘における大手製造業の回答について質問した。

この中で谷合氏は、ベースアップ(ベア)回答が相次いだことを歓迎した上で、「今後は非製造業や中小企業などにも賃上げの波及を」と訴えた。

茂木敏充経産相は、「(非製造業などの賃上げに結び付けるため)回答結果を適切に公表する」と述べた。

一方、谷合氏は、東日本大震災で被災した企業の再建を支援する「グループ補助金」について「使い勝手が悪いなどとの声が出ている」と指摘。

赤羽一嘉経産副大臣(公明党)は、「補助金は全て使ってもらうことが当然の使命と考えて取り組む」と応じた。

医療少年院の体育館、修繕急げ
佐々木さん

13日の参院法務委員会で公明党の佐々木さやかさんは、全国に50カ所を超す少年院の施設修繕などについて質問。このうち自ら視察した神奈川医療少年院について、「老朽化により体育館の雨漏りがひどく、雨の日は利用できない状況にある」と指摘。また、同施設が地域の避難所にも指定されていることから、「早急に修繕すべきだ」と訴えた。

法務省側は、築35年が過ぎ経年劣化が随所に見られることから「速やかに補修工事を実施する手続きを進めたい」と答えた。

また、佐々木さんは他の少年院についても調査を行い、対応するよう求めた。

公明新聞:2014年3月14日(金)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20140314_13499


3月13

「継続的な賃上げを維持するために」予算委員会

参議院予算委員会中央公聴会で質疑に立ちました。

継続的、持続的な賃上げを維持していくために、政治はいかなる政策を行っていくべきか、公述人として、第一生命経済研究所主席エコノミスト永濱利廣さん、早稲田大学政治経済学部教授の原田泰さんのお二人に意見を求めました。

また、石炭火力発電のインフラを輸出すべきと提案させていただきました。

永濱利廣公述人は、「石炭は世界中に点在し、日本の技術が一番高い」と、インフラ輸出のメリットを訴えておられました。


3月7

「賃上げ 中小企業に波及を」参議院本会議

所得税法等改正案など2014年度税制改正関連法案が7日、参院本会議で審議入りし、質問に立ちました。

経済再生に関し、政労使会議で合意した、賃金上昇という実感できる景気回復に向け、「具体的な取り組みが不可欠」と指摘しました。今月半ばに出そろう春闘の大手企業の回答について、「政府がこれらの結果を公表して中小企業の賃上げに結び付けるとともに、税制や予算措置の活用を促すフォローアップにより、確実な賃金上昇を伴う景気の好循環を一刻も早く実現すべき」と主張させて頂きました。

麻生太郎財務相からは、春闘の交渉結果について、政府の経済財政諮問会議で経済や労働界の代表を招いて報告を受けた上で、「中小企業、小規模事業者にも賃上げが波及するよう取り組む」との答弁がありました。

また、今年度税制改正で導入された所得拡大促進税制について、賃金の上昇と継続雇用者の増加が期待されており、「わが国では歴史の浅い制度のため、企業に活用してもらうには周知徹底が必要」と訴えました。


2月19

「議員内閣制と国会の役割について」国の統治機構に関する調査会

国の統治機構に関する調査会では、野中広務・元内閣官房長官を参考人として招致し、議院内閣制について意見聴取を行いました。
その後の質疑で、内閣と国会のパワーバランスや参議院の果たすべき役割について質問するとともに、国会での議論のあり方について意見を聴取しました。


12月6

「独禁法改正案 不服審査の実施を円滑に」経済産業委員会

質疑では、12月5日の参院本会議で解任決議を受けた経済産業委員会の大久保勉委員長(民主党)について、独占禁止法改正案の審議に消極的だった姿勢を指摘させていただき、その上で、法改正後、新制度が円滑に実施されるよう求めました。

稲田朋美行政改革担当相からは「新制度施行に向けた準備に万全を期す」との答弁がありました。

質疑後に賛成多数で採択された独占禁止法改正案では、公正取引委員会から行政処分を受けた企業が不服を訴えた際、審査を公取委自らが行う審判制度を廃止し、東京地裁が審査を行うことになりました。


12月3

「中小企業・小規模事業者の黒字倍増への取り組みについて」経済産業委員会

自公連立政権の成長戦略「日本再興戦略」を具体化するための産業競争力強化法案について質疑に立ちました。

「日本再興戦略」の中で、黒字中小企業・小規模事業者を2020年までに、現在の70万社から140万社に倍増させることが盛り込まれていることに言及し、達成への取り組みを聞きました。

中小企業庁の北川慎介長官は、経済成長を促すとともに「思い切った投資補助的な制度を組み合わせて、黒字法人の倍増に向けて進みたい」と答弁されました。


11月28

「成長戦略とデフレ経済からの脱却について」経済産業委員会

参議院経済産業員会の参考人質疑で、産業競争力強化法案に関連して、成長戦略とデフレ経済からの脱却について質問しました。
日中間の経済関係の重要性についても意見を聴取しました。


11月26

「生産性向上へ、設備投資をしやすく」経済産業委員会

税額控除 繰り越し提案

民間企業の生産性向上に向け、産業競争力強化法案に盛り込まれた設備投資促進税制について、公認会計士・税理士として現場を知る立場から、質問しました。

また、生産性向上に向けた投資促進税制の活用について、一定期間の税額控除の繰り越しを認め、使い勝手を良くするよう訴えました。


11月5

「グループ補助金 繰り越しを認めよ」経済産業委員会

グループ補助金 繰り越しを認めよ

東日本大震災の被災企業が連携した事業再建を後押しする「中小企業グループ補助金」について、交付決定額の4割近くが未執行(9月末現在)である点を指摘し、その上で「未執行分は繰り越しを認め、最大限利用できるように」と訴えました。

松島みどり経産副大臣からは「今年度分についても(繰り越しを)実施するよう考えている」との答弁がありました。

さらに、「(同補助金で)再建した後も、事業が安定するまでの支援は大切」として、政府の支援強化を求めました。


KOMEITO公明党 公明党青年委員会 KOMEI YOUTH 公明党大阪府本部
パージ上部へ ミエル君