杉ひさたけWebsite

アクティビティ

実感できる制度へ全力(大津市)

2015年12月2日 水曜日

党支部大会で杉氏 軽減税率の意義訴え

支部大会で軽減税率の意義について訴える杉ひさたけ

公明党の杉久武参院議員は2日、滋賀県大津市で開催された党大津支部(浜奥修利支部長=市議)の支部大会に出席し、あいさつした。

杉氏は、2017年4月の消費税率10%への引き上げと同時に導入される軽減税率について、「国民の痛税感や逆進性の緩和を図る方法として、軽減税率こそが最も生活者の感覚に合っている」と強調。その上で、対象品目については「日々の暮らしに欠かせない加工食品を入れないと意味がない」と指摘し、「国民にとって分かりやすく、実感できる制度設計に引き続き全力を挙げる」と述べた。

粉川清美県代表(県議)は、機関紙拡大運動の集中期間(9〜11月)で県内の全分会が10ポイントの目標を達成したことを報告。「この勢いのまま、来夏の参院選へ一つ一つの闘いに勝利していこう」と呼び掛けた。


KOMEITO公明党 公明党青年委員会 KOMEI YOUTH 公明党大阪府本部
パージ上部へ ミエル君