杉ひさたけWebsite

活動報告

1月15

公明党大阪府本部新春年賀会を開催

1月15日、公明党山口那津男代表にご参加頂き、新春公明党大阪府本部新春年賀会を開催。

公私何かとお忙しいなか、大阪府松井一郎知事をはじめとした府内自治体の市長、町長、村長の皆様、各界の企業・団体の皆様、そして常日頃より公明党をご支援頂いている多くの皆様にお集まり頂きました。

大変に有難うございました。心より感謝と御礼を申し上げます。

私は初めて司会を務めさせて頂きました。大変緊張しましたが、無事に大任を終えることができました。

公明党の強みは、全国各自治体の地方議員と国会議員が一体となったネットワーク力があることです。

このネットワーク力を活かし、本年も皆で一致団結して一つ一つの課題解決に真摯に取り組んで参ります。そして、各分野における事業・施策の充実を図り、大阪をもっと元気にするため尽力して参ります。

https://www.komei.or.jp/news/detail/20180116_26957

 

 

 


1月14

プロスキージャンパーの船木和喜選手とてい談

1月10日、1998年長野五輪金メダリストでプロスキージャンパーの船木和喜選手と公明党太田昌孝衆院議員とともに大倉山ジャンプ競技場(北海道札幌市)でてい談を行いました。

その模様が1月14日付公明新聞1面に掲載されています。是非、ご覧ください。

※以下URL或いは写真をクリックして頂くと公明新聞記事にジャンプします。

https://www.komei.or.jp/news/detail/20180114_26948


1月8

公明党大阪府本部「成人の日記念街頭演説会」を開催

1月8日、ヨドバシカメラ梅田前(大阪市)で公明党大阪府本部「成人の日記念街頭演説会」を開催しました。
石川ひろたか参院議員、山本かなえ参院議員と共に出席し、新成人の門出を祝福しました。

石川府本部代表代行は、公明党の長年の主張により昨年創設された給付型奨学金について、本格実施となる今年4月から大幅に拡充されることを報告。「公明党は、日本の未来を担う青年たちのために全力で働く」と訴えました。

山本府本部代表代行は、成人年齢引き下げを巡る議論に触れ、18、19歳の若者を悪徳商法などの被害から守る制度設計の必要性を力説しました。

私は、公明党が実現した若者雇用促進法などのブラック企業対策について紹介。今後も、引き続き公明党はワカモノの味方として施策充実を図っていくと訴えました。

 


1月2

公明党大阪府本部「新春街頭演説会」を開催

1月2日、JR天王寺駅前(大阪市)にて、公明党大阪府本部新春街頭演説会を開催。北側一雄衆院議員のほか、佐藤茂樹衆院議員、鰐淵洋子衆院議員、石川博崇参院議員と共に出席しました。

北側副代表は、2018年度与党税制改正大綱に触れ、公明党の主張により、後継者難に悩む中小企業の事業承継支援の抜本的な拡充が盛り込まれたことを報告。「日本経済を支える中小企業が収益を上げていける環境を整備し、成長と分配の好循環を生み出していく」と力説しました。

佐藤府代表は、2019年に日本で初めて開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合の大阪開催や2025年大阪万博の誘致実現を通じ「大阪を元気にしていく」と訴えました。


8月15

平和へ世界が連携を

着実な対話で核廃絶
山口代表らが訴え 北朝鮮の暴挙に歯止めも
各地で終戦記念日街頭演説会

72回目の終戦記念日を迎えた15日、公明党は全国各地で街頭演説会を行い、先の大戦で犠牲になった全ての方々に哀悼の意を表し、不戦・平和への誓いを新たにした。東京都豊島区の池袋駅東口で山口那津男代表は、憲法に掲げられた国民主権、基本的人権の尊重、恒久平和主義の3原理について、これからも堅持していくと強調。恒久平和に向けた公明党の取り組みでは、「平和がゆきわたる世界をめざして各国の人々と連携していく。ネットワークの力を生かして平和創出の先頭に立つ」と訴えた。=関連記事はこちら

大阪府

北側一雄副代表は、大阪市内で開かれた党大阪府本部(佐藤茂樹代表=衆院議員)の街頭演説会に佐藤府代表らと出席し、不戦と平和を貫く決意を訴えた。

北側副代表は、国連安全保障理事会が5日、弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮への新たな制裁決議を採択したことに触れ、「決議を順守するよう外交努力を重ねる」と力説。佐藤府代表は「核兵器のない世界へ各国間の対話が進むよう後押しする」と強調した。

同演説会には樋口尚也衆院議員、山本香苗、石川博崇、杉久武の各参院議員が参加し、あいさつした。

東京都

平和がゆきわたる世界をめざし公明党が先頭に立つと訴える山口代表と竹谷、太田、髙木の各氏ら=15日 東京・池袋駅東口

山口代表は、7月に核兵器禁止条約が国連で採択されたことに触れ、「初めて厳しい国際規範が誕生したことは画期的であり、歓迎すべきことだ」と評価。一方で、核保有国や日本などが同条約に参加しなかったことについて、「大事なことは、核保有国と非保有国で真の対話ができ、具体的な軍縮の歩みが着実に進むことだ」との考えを示した。

その上で、核廃絶に向けた日本政府の取り組みについては、核保有国と非保有国の橋渡し役となって双方の対話を促さなければならないと述べ、日本政府が設置した、核保有国と非保有国の有識者からなる「賢人会議」の議論の成果を、核拡散防止条約(NPT)再検討会議に反映させるよう求めた。

北朝鮮による米領グアム島周辺への弾道ミサイル発射計画を巡り緊張が高まる米朝関係については、「言動がエスカレートすることは世界が望むことではない。多くの国が双方に自制を求め、慎重な対応を迫っている」と指摘。日本政府の対応について、米国や韓国との結束に加え、北朝鮮に強い影響力を持つ中国、ロシアとも連携し、北朝鮮の暴挙を思いとどまらせるべきだと訴えた。

一方、太田昭宏全国議員団会議議長は、生活の安定こそが平和の礎だと指摘し、世界的に難民が増えている現状などを踏まえ、「公明党は貧困や飢餓などの脅威から人間を守る『人間の安全保障』を推進し、生活、経済を安定させ、貧困をなくしていく」と力説。高木陽介党都本部代表(衆院議員)は、「悲惨な戦争の歴史を風化させず、受け継いでいく。公明党は対話で世界の平和をめざす日本を築く」と述べた。

街頭演説会には、竹谷とし子党都本部副代表(参院議員)らが出席した。

新潟県

平和主義の堅持などを訴える漆原氏ら=同 新潟市

党新潟県本部(志田邦男代表=県議)が新潟市で街頭演説会を開き、漆原良夫中央幹事会会長、志田県代表、新潟市議が参加した。

漆原氏は、憲法9条の戦争放棄・戦力不保持について「先の大戦を経て日本が自ら選んだ道。恒久平和主義の大原則として維持されなければならない」と訴えた。憲法改正に関しては「国民的議論を十分に行うことが必要だ」と強調した。


7月8

万博誘致し日本再生を

大阪府・市、堺市が要望
公明に来年度政府予算で

大阪府(左側)から要望を受ける党府本部の国会議員団=8日 大阪市

公明党大阪府本部の国会議員らは8日、大阪市内で松井一郎知事、吉村洋文大阪市長、竹山修身堺市長にそれぞれ会い、大阪府・市、堺市から国の施策と来年度政府予算に関する提案・要望を受けた。北側一雄副代表、佐藤茂樹府代表、浮島智子、国重徹、伊佐進一、樋口尚也の各衆院議員、山本香苗、石川博崇、杉久武、熊野正士の各参院議員が出席した。

大阪府は、(1)2025年万国博覧会の大阪誘致など大都市圏の成長を通じた日本の再生(2)リニア中央新幹線の早期全線開通や高速道路網の強化(3)児童虐待防止および障がい児者対策の充実―などを要請。

佐藤氏らは、「予算編成を通じ働き掛ける」とし、「児童虐待防止へ第三者機関を設けて子どもの権利を守る取り組みを促す」「万博誘致へ超党派で団結し、経済界とも連携し後押しする」と応じた。

大阪市は、(1)国による幼児教育無償化の制度設計と財源の確保(2)「うめきた2期区域」における新産業創出機能の実現に向けた財政支援(3)関西国際空港へのアクセスを強化する鉄道新線「なにわ筋線」の早期整備―などを要望。公明側は、幼児教育無償化について「安定財源の確保へ議論を進める」と述べた。

堺市は、「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産登録実現への支援などを求めた。

公明新聞:2017年7月10日(月)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170710_24869


5月13

連携プレーで課題解決

杉、熊野氏 公明の政策推進力を強調
党大阪・四條畷支部が政経セミナー

党四條畷支部の政経セミナーであいさつする杉氏

大阪府四條畷市で活動する公明党四條畷支部(瓜生照代支部長=市議)の「政経セミナー」が13日、同市内で開催され、東修平市長など多数の来賓と共に、杉久武、熊野正士の両参院議員が出席し、あいさつした。

杉氏は、現在、財務大臣政務官として国の予算編成などに携わっていることを報告した後、国道163号が通る丁字路の見通し改善や、同170号交差点への自転車用スロープ設置など、同市の地元議員と共に地域の課題に取り組み、実現した実績を紹介。「これからも各地の公明議員と連携し、問題解決に真正面から取り組んでいく」と述べた。

熊野氏は、認知症が疑われる人に対して医師らが早期に対応する「認知症初期集中支援チーム」に言及。同チームを全市区町村に設置させるためには、「ネットワークの力を生かし、各地で政策を進める公明議員の存在が必要」と語った。

これに先立ち、内海久子府議が府政報告を行った。

公明新聞:2017年5月19日(金)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170519_24254


5月3

公明、各地で街頭演説憲法記念日

【写真上から】演説する(右から)佐々木、上田、古屋、三浦の各氏=3日 横浜市、街頭で訴える大口氏(中央)ら=同 静岡市、国民による議論成熟への期待を述べる漆原氏(右から3人目)ら=同 新潟市、演説する佐藤氏(中央左)と(左から)石川、山本(香)、杉の各氏=同 大阪市、「被災者の基本的人権を守る」と訴える江田氏(中央)ら=同 熊本市、「地域のために全力で働く」と訴える小野寺県代表(左から3人目)ら=盛岡市、給付型奨学金の創設など公明党の実績を訴える富田氏(左から5人目)ら=千葉市、「テロから国民の命を守る」と訴える中川氏(中央)ら=三重・松阪市、憲法3原理の堅持を力説する竹内氏(左から2人目)ら=京都市、「テロ等準備罪」の意義について力説する谷合氏(中央)ら=岡山市

憲法記念日の3日、公明党は憲法施行70年の節目の意義を込めた街頭演説会を各地で開催した。

【大阪】党大阪府本部(佐藤茂樹代表=衆院議員)は大阪市内で街頭演説会を開催。佐藤氏のほか、山本香苗、石川博崇、杉久武の各参院議員が参加した。
佐藤氏は憲法の恒久平和主義に触れた上で、北朝鮮問題に言及。「日米韓に加え中国とも連携して圧力をかけつつ、外交的手段で問題を解決すべき」と強調した。また衆院の1票の格差是正へ、「速やかに公職選挙法を改正したい」と訴えた。

【神奈川】公明党神奈川県本部(上田勇代表=衆院議員)は横浜市内で街頭演説会を行い、古屋範子副代表と上田県代表、佐々木さやか、三浦信祐の両参院議員らが参加した。
古屋副代表は、日本国憲法が、日本の平和と発展に寄与してきたと指摘した上で、「高齢化が進む中、基本的人権を守り、誰もが安心して暮らせる社会を築く」と訴えた。上田県代表は、国民主権、基本的人権の尊重、恒久平和主義の憲法3原理を堅持していくと強調した。

【静岡】党静岡県本部(大口善徳代表=国会対策委員長)の街頭演説会が静岡市内で開催され、大口県代表、県議、市議が参加した。大口氏は、「憲法3原理は『人類普遍の原理』として今後も堅持していく」と強調。その上で、「1票の格差是正や震災被災者の人権の尊重、平和安全法制など、3原理を具体的に国政に展開していくことが大事。公明党はその使命を担っていく」と力説した。

【新潟】党新潟県本部(志田邦男代表=県議)は新潟市内で街頭演説会を開催し、漆原良夫中央幹事会会長、志田県代表、新潟市議が出席した。
漆原氏は公明党の憲法改正に対する考えについて、平和主義などを堅持しつつ足らないところを加える「加憲」だと説明。「国民の間で改正の議論が盛んに行われ、国民と国会の議論が一体化して初めて、改正の環境が整う」と述べ、改正には国民の間での議論成熟が必要だと述べた。

【熊本】党熊本県本部(城下広作代表=県議)は、県内各地で憲法記念日街頭演説会を行った。熊本市の街頭演説には、江田康幸衆院議員、城下県代表、県議と市議団が参加した。
江田氏は「憲法3原理を堅持した上で時代の変化に応じた新たな条文を加える『加憲』が公明党の立場だ」と強調。発災から1年が過ぎた熊本地震の復旧・復興について触れ、「被災者の基本的人権を守るためにも最後まで一人一人に寄り添い続けていく」と訴えた。

【岩手】公明党岩手県本部(小野寺好代表=県議)は憲法記念日を前にした1日、盛岡市内で街頭演説会を開催した。
小野寺県代表は、施行70年を迎える日本国憲法について「公明党は憲法の3原理を堅持し、必要に応じて新たな条項を付け加える『加憲』の立場だ」と強調。
その上で「どこまでも対話によって平和な日本を築き、地域のために全力で働いていく」と訴えた。

【千葉】公明党千葉県本部(富田茂之代表=衆院議員)は2日、JR千葉駅(千葉市)で街頭演説会を開催。これには富田氏、田村耕作県議、党市議団のメンバーが参加した。
富田氏は、憲法26条の教育を受ける権利に言及し、公明党の推進で今年度から給付型奨学金が創設されたことを紹介。「教育費の負担軽減に向けて、今後も現場の声を聞き、政策を実現していく」と訴えた。

【三重】公明党三重県本部(中川康洋代表=衆院議員)は2日、松阪市で街頭演説会を開催。中川氏と県・市議が参加した。
中川氏は、国会で審議中の「テロ等準備罪」の新設をめざす組織犯罪処罰法改正案について、「国際社会で頻発しているテロを未然に防ぎ、国民の命を守る必要な法律」と力説。今後、国際大会で多くの人が集まる日本を「テロの標的にさせない」と強調した。

【京都】公明党京都府本部(竹内譲代表=衆院議員)は2日、府内の京都市と精華町の計5カ所で街頭演説会を開催した。
このうち、京都市のJR京都駅前で竹内氏は、日本国憲法の改正論議に触れながら、公明党は「国民主権」「基本的人権の尊重」「恒久平和主義」の憲法3原理を堅持する立場だと強調。「平和の党として、弱い立場の人々に寄り添う社会の実現へ努力する」と力説した。

【岡山】公明党岡山県本部(谷合正明代表=参院議員)は1日、県内各地で街頭演説会を開催した。
岡山市でマイクを握った谷合氏は、「テロ等準備罪」の新設をめざす組織犯罪処罰法改正案について、「テロなどの重大犯罪を未然に防ぐもの」と強調した。その上で、「かつての共謀罪とは異なり、犯罪主体をテロ組織、暴力団など組織的犯罪集団に限定し、一般の民間団体は対象にならない」と力説した。


5月1

丁字路の見通し改善

杉氏と市議が尽力 雑草除去し防護シートも
大阪・四條畷市

見通しが改善された丁字路を視察する杉氏(中)ら

大阪府四條畷市下田原を通る国道163号の丁字路で先ごろ、道路脇に生い茂っていた雑草が刈り取られ、見通しが改善。雑草の繁茂を防ぐ防護シートも設置された。この整備は、杉久武参院議員と曽田平治市議が連携し、実現したもの。

同丁字路ではこれまで、右左折する際、左右に生えている背の高い雑草がドライバーの視界を遮っていた。また、幹線道路でもあり大型車両の往来も激しく、危険な状態だった。

現地付近で建設業を営む森山勝巳さんから相談を受けた曽田市議は、すぐに現場を調査。同丁字路は、国と市が分担して管理しているため、杉参院議員と連携して関係各所へ対策を要請していた。

杉参院議員と曽田市議はこのほど、森山さんと共に丁字路の改善状況の確認に訪れた。森山さんは「安全に右左折時の確認ができるようになってよかった」と語っていた。

公明新聞:2017年5月1日(月)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170501_24019


4月1

公明党が政治を前に

大阪で女性党員研修会
石川、杉氏が出席

研修会であいさつする石川氏=1日 関西公明会館

公明党大阪府本部女性局(三浦寿子局長=府議)は1日、大阪市西区の関西公明会館で女性幹部党員研修会を開催した。石川博崇、杉久武の両参院議員が出席し、あいさつした。

石川氏は、2017年度予算について、教育や子育て、社会保障など「未来への投資と女性の活躍を大きく進める予算となった」と強調。一方、東京都でも私立高校授業料の実質無償化など、新年度予算に公明党の主張が数多く反映されたことを挙げ、「国でも地方でも、公明党が政治を前に進める旗頭として存在感を発揮していく」と訴えた。

杉氏は、17年度税制改正により、18年1月以降、配偶者控除の年収要件が150万円以下に引き上げられることを紹介し、「働き方改革を進めるための一歩だ」と力説した。

研修会では、党員の加藤裕美さん(中大阪総支部)が活動報告を行った。

公明新聞:2017年4月2日(日)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170402_23628


3月27

首相、公明の協力に謝意

17年度予算の成立受け
山口代表ら対応

安倍首相(手前左)の表敬を受ける山口代表(同右)ら=27日 国会内

2017年度予算が27日に成立したことを受け、公明党の山口那津男代表、魚住裕一郎参院会長は参院本会議終了後、国会内の参院公明党控室において安倍晋三首相らの表敬を受けた。

安倍首相は、予算成立への公明党の協力に対し「ありがとうございました」と謝意を述べ、山口代表らと握手を交わした。

政府側から麻生太郎財務相、菅義偉官房長官、杉久武財務大臣政務官(公明党)ら、公明党側から山本香苗参院副会長、西田実仁参院幹事長、谷合正明参院国会対策委員長らが同席した。

公明新聞:2017年3月28日(火)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170328_23573


3月15

大阪国税局で確定申告の状況を視察

杉財務大臣政務官

梅田スカイビル内に開設されている大阪国税局の確定申告書作成会場を視察する杉久武財務政務官

杉久武財務大臣政務官(公明党)はこのほど、大阪市北区の梅田スカイビル内に開設されている大阪国税局の確定申告書作成会場を視察した。

同会場では、所得税や贈与税、個人事業者の消費税などの申告、相談を受け付け、それぞれ職員、税理士が対応している。対象の区域は、今年から新たに西、西淀川、東淀川の3税務署が加わり、計6税務署管内に拡大された。

杉政務官は、会場内での手続きの流れや、e―Tax(国税電子申告・納税システム)による申告書の作成状況を視察。大阪国税局の山縣哲也課税第一部長らからは、「従来より広い会場を確保し、納税者が余裕を持って手続きができるようサポートしている」と説明を受けた。

視察後、杉政務官は「納税者がスムーズに手続きを進められるよう、今後も最善を尽くしてほしい」と話していた。

公明新聞:2017年03月15日(水)付


KOMEITO公明党 公明党青年委員会 KOMEI YOUTH 公明党大阪府本部
パージ上部へ ミエル君