杉ひさたけWebsite

活動報告

1月24

物流担うトラック支援

協会の交歓会で強調
山口代表

星野会長(前列左から2人目)と懇談する山口代表(中央)、杉久武参議院議員ら=24日 都内

公明党の山口那津男代表、北側一雄副代表(党トラック問題議員懇話会会長)は24日、都内で開かれた全日本トラック協会(星野良三会長)主催の賀詞交歓会に出席し、星野会長らと懇談した。太田昭宏全国議員団会議議長、石田祝稔政務調査会長、大口善徳国会対策委員長、石井啓一国土交通相(公明党)、杉久武参議院議員らも出席した。

あいさつに立った山口代表は、トラック事業が物流面で国民生活を支える重要な役割を担っている点を強調。「今後も、財政上、税制上の支援をしっかりやっていく」と述べた。

公明新聞:2017年1月25日(水)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170125_22775


1月18

寄り添う支援 さらに

地元企業や仮設住宅調査
熊本地震で杉政務官

被災した工場を視察する杉政務官(左から2人目)=18日 熊本・大津町

杉久武財務大臣政務官(公明党)は18日、熊本地震で被害を受けた熊本県大津、益城両町を訪れ、復旧・復興へと歩みを進める企業や、被災者が身を寄せる仮設住宅の現状を調査した。

このうち杉政務官は、大津町で電気バスや医療関係・福祉車両などの製造を行う(株)イズミ車体製作所を視察。古庄忠信・代表取締役会長らから、事務所や塗装工場などの被災状況について説明を受けた後、本格復旧を前に操業する製造工場を見て回った。古庄会長は「修理と平行しながらではあるが、今は100%を超える操業体制が組めている」と手応えを語った。

続いて杉政務官は、益城町を訪れ、県内最大規模のテクノ仮設団地内に展示されている県産材を使った「くまもと型復興住宅」や住民交流の場「みんなの家集会所」などを視察。調査を終えた杉政務官は「今後も国として企業や被災者の実情に寄り添った支援を行っていきたい」と語った。

公明新聞:2017年1月19日(木)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170119_22710


1月16

夢を実らせる“元年”に

山口代表 大阪の年賀会で支援強調

党大阪府本部の新春年賀会であいさつする山口代表(右)=16日 大阪市

公明党の山口那津男代表は16日、大阪市内で開かれた党大阪府本部(佐藤茂樹代表=衆院議員)の新春年賀会に北側一雄副代表、佐藤府代表らと共に出席し、あいさつした。

山口代表は「大阪は夢多い時代を迎えようとしている」とし、北陸新幹線の福井県敦賀―新大阪間の延伸に触れ、「観光振興だけでなく、さまざまな産業に波及していくことも間違いない」と期待を表明。また、府が2025年の開催をめざす「大阪万博」にも言及し、「皆さんと一緒に政府・与党挙げて支援して大阪万博を誘致し、大成功させよう。夢を現実にする『元年』が今年だ」と力説した。

北側副代表は「公明党の国会議員が団結し、経済の着実な発展、国民生活の安心と安全のため全力で取り組む」と述べた。佐藤氏は「地方政治の基盤を固めることが国政における政策の推進力につながる」と強調。統一外地方選挙と夏の東京都議選での全員当選に挑む決意を訴えた。

年賀会には赤羽一嘉、竹内譲、浮島智子、国重徹、伊佐進一、中野洋昌、樋口尚也、濱村進の各衆院議員、山本香苗、石川博崇、杉久武、伊藤孝江、熊野正士の各参院議員も出席。来賓の中山泰秀・自民党大阪府連会長が「日本の平和と安定を世界へ示すことが自公政権の使命」、小池俊二・日本商工連盟大阪地区代表が「公明党に政治のリーダーシップをとってほしい」と期待を寄せたほか、松井一郎大阪府知事があいさつした。

山口代表は同日、党奈良県本部(岡史朗代表=県議)、同和歌山県本部(多田純一代表=県議)の新春年賀会にも出席した。

松井府知事のあいさつから
公明の力借り“大阪のにぎわい”つくる

昨年1年間、公明党議員の皆さんからさまざまなアドバイスを頂きながら、大阪府政を前に進めてきた。

その結果、府立大と大阪市立大の統合形態を巡る方針が固まるなど、大阪の二重行政が次々と解消した。また、成長のためのインフラ整備についても、地元議員と共に国土交通省へ要望活動を行い、阪神高速淀川左岸線延伸部の事業化が国直轄でスタートする。東京に負けない大阪という“二極”をつくるために、公明党の皆さんに大変お世話になった。

さらなる大阪の成長のためのビッグイベントとして、1970年以来となる、「大阪万博」を2025年に開催したい。公明党の皆さんの力を借りて“大阪のにぎわい”をつくっていきたいと思っている。

公明新聞:2017年1月17日(火)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170117_22686


1月13

見通しいい政治つくる

兵庫の新春年賀会で
山口代表

党兵庫県本部の新春年賀会であいさつする山口代表(右)=13日 神戸市

公明党の山口那津男代表は13日、神戸市内で開かれた党兵庫県本部(赤羽一嘉代表=衆院議員)の新春年賀会に出席しあいさつした。公明党からは赤羽県代表や中野洋昌、濱村進の両衆院議員、山本香苗、伊藤孝江、杉久武、熊野正士の各参院議員が出席。各界からの多数の来賓を代表し、井戸敏三県知事、久元喜造神戸市長らがあいさつした。

山口代表は、主要国の政治が不透明さを増している現状に触れ、「だからこそ政治には安定と先手先手で見通しをつくり出す積極性が必要だ」と、自公政権による安定した政権運営を継続する重要性を強調した。

また山口代表は、企業収益などの市場メカニズムと、政府による再分配機能の双方を組み合わせて「成長と分配の好循環」を実現していくことが大事だと強調。自公政権の成果として、史上初めて全都道府県で有効求人倍率が1倍を超えたことや、約64万人の無年金者が救済されることなどを挙げ、「中小企業が賃金を上げやすい環境を整えたい」と述べた。

赤羽県代表は、「魅力があり、働きがいがあり、住んでみたい県の建設へ、一丸となり闘っていく」と決意を述べた。

公明新聞:2017年1月14日(土)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170114_22662


1月13

“大阪万博”実現めざす

会場予定地を視察
党府本部所属の国会議員と府議団

会場予定地の説明を受ける公明党の国会議員と府議団=13日 大阪市

公明党大阪府本部の石川博崇代表代行(参院議員)は13日、国重徹、伊佐進一の両衆院議員、杉久武、熊野正士の両参院議員、大阪府議会公明党議員団(八重樫善幸幹事長)と共に、大阪市の夢洲地区を訪れ、2025年万国博覧会の誘致をめざしている大阪府の会場予定地を視察した。

一行はまず、地上252メートルの大阪府咲洲庁舎展望台に上り、会場予定地の夢洲を一望しながら、府・市の担当者から健康・長寿をテーマにした体験型万博の基本構想案について説明を受けた後、夢洲地区の埋立地、地下鉄中央線の延伸に伴う夢洲駅(仮称)の建設予定地を視察した。

また、一行は夢洲地区へのアクセス道となる夢咲トンネルや夢舞大橋、此花大橋を回り、万博誘致が実現した場合の輸送計画や道路拡幅による混雑解消策などをめぐり、担当者と活発な質疑応答を行った。

視察後、石川氏は「候補地の現状がよく分かった。大阪を挙げて万博を誘致できるよう、広報活動にも尽力したい」と語っていた。

公明新聞:2017年1月14日(土)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170114_22663


1月9

希望持てる社会築く

教育拡充、雇用も改善
山口代表ら 未来担う若者にエール
公明、各地で「成人の日」街頭演説会

公明党は8、9日、全国各地で「成人の日」を記念する街頭演説会を開催した。新成人を祝福するとともに、若者の声を政治に反映し、雇用環境の改善や奨学金の拡充などを通じて、若者が希望を持てる社会の構築に全力を挙げると訴えた。

若者が活躍する社会の構築を誓う樋口氏と杉氏ら=9日 大阪市

【大阪】党大阪府本部(佐藤茂樹代表=衆院議員)は9日、大阪市北区で街頭演説会を開催。党青年委員会の樋口尚也委員長(衆院議員)、杉久武副委員長(参院議員)らが出席し、新成人に祝福の言葉を贈った。

樋口氏は、人口減少と少子高齢化に歯止めをかけるため、安定した政権の下で、経済再生や地方創生、働き方改革などを一体的に進めていることを紹介。「若者が日本で、世界で活躍する舞台をさらに広げていくため、公明党は全力を挙げる」と力説した。

【東京】公明党の山口那津男代表は9日、東京都葛飾区で、「成人の日」を記念した街頭演説を行い、新成人の門出を祝うとともに、若者が希望を持てる政策の実現に全力を尽くすと訴えた。のがみ純子都議(都議選予定候補=葛飾区)、地元区議が参加した。

山口代表は、全国で約123万人が20歳となり、晴れて成人の日を迎えたことに触れ、「若い皆さんが希望を持ち、これからの社会を担ってもらえるように、公明党がしっかり応援していく」と強調した。

また、公明党の若者支援について山口代表は、18歳選挙権の実現やブラック企業対策を盛り込んだ雇用支援、給付型奨学金をはじめとする教育施策の充実などの実績を紹介し、「若い世代を応援する子育て支援や、生涯にわたる生活の安定のための仕組みを整えていきたい」と力説した。

【北海道】公明党の稲津久衆院議員は9日、留萌市、岩見沢市など4市で地元市議らと共に街頭演説会を開催した。

留萌市で稲津氏は、有効求人倍率が全都道府県で初めて1倍を超えたことを指摘し、「公明党はこれからも、若者が将来に希望を持てる環境づくりに全力を尽くす」と力説。

また稲津氏は、昨年、国が留萌地域を含む道北エリアを広域観光周遊ルートに認定したことを紹介し、「地域の魅力を最大限に生かして地方創生を実現する」と述べた。

【三重】党三重県本部(中川康洋代表=衆院議員)は9日、四日市市内で街頭演説会を開催。浜田昌良中部方面副本部長(参院議員)、中川県代表、県議、四日市市議が参加した。

浜田氏は、公明党の強い主張で実現した給付型奨学金や無年金者対策などの実績を紹介。国と地方の党のネットワークを生かし「若者が希望を持てる社会の実現に全力を尽くす」と訴えた。

【徳島】党徳島県本部(長尾哲見代表=県議)は9日、徳島市内で街頭演説を行い、石田祝稔党政務調査会長のほか、県議、徳島市議、石井町議が参加した。

石田氏は、「日本の未来を開くのは教育である」として、給付型奨学金など公明党が推進してきた施策を紹介した。

また、18歳選挙権の実現など若者の政治参加を促す環境づくりも力説し、「若い人たちの思いを政治に反映できるよう尽力していく」と訴えた。

長野、広島、沖縄でも新成人を祝福

【長野】公明党長野県本部(太田昌孝代表=県議)は9日、長野市の長野駅前で「成人の日」記念の街頭演説会を開催。太田県代表のほか長野市議が参加した。

太田県代表は、若者の就職を応援する「ジョブカフェ信州」の充実などを公明党が進めたことを紹介。「若い人が安心して働けるよう、しっかりサポートしていきたい」と述べた。さらに「公明党は若者と政治の橋渡し役。意見・要望を寄せてほしい」と呼び掛けた。

【広島】公明党広島県本部青年局(大﨑勇一局長=廿日市市議)は9日、広島市西区内で街頭演説会を開催。大﨑県青年局長と共に各広島市議が出席し、新成人へ祝福の言葉を贈った。

大﨑県青年局長らは、賃上げする中小企業への減税や、返済不要の給付型奨学金の実現など党の実績を紹介し、「公明党は若者の声を政治に届ける」と強調。「若者が働きやすい環境を整備し、活気ある地域づくりを進めたい」と訴えた。

【沖縄】公明党沖縄県本部(金城勉代表=県議)は8日、浦添市内で「成人の日」記念の街頭演説会を開催した。これには金城県代表のほか、下地秀男、松下美智子の両市議、稲嶺伸作、金城大輔の両県青年局次長(いずれも市議選予定候補)らが参加した。

金城県代表は「社会を担う人材として力を発揮してほしい」と新成人にエールを送り、若者支援に取り組む決意を強調。同市議選(2月12日投票)に挑む公明4氏への支援も呼び掛けた。

公明新聞:2017年1月10日(火)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170110_22615


1月9

観光振興へ交通網整備

石井国交相、漆原氏ら訴え
福井で年賀会

党福井県本部の新春年賀会であいさつする石井国交相(右)=9日 福井市

公明党福井県本部(西本恵一代表=県議)の新春年賀会が9日、福井市内で開かれ、石井啓一国土交通相(公明党)、漆原良夫党中央幹事会会長のほか、来賓の西川一誠県知事、山本拓自民党県連会長らが出席し、あいさつした。

石井国交相は、昨年12月に与党が北陸新幹線の敦賀駅(同県敦賀市)以西の区間を「小浜―京都ルート」と決めたことに触れ、政府の2017年度予算案に同ルートの詳細な調査費が盛り込まれたことを報告。中部縦貫自動車道や敦賀港の整備など県内の大型事業と合わせ、「観光の大きな起爆剤になる。福井県の素晴らしい観光資源を生かし、観光振興に力を入れる」との意向を示した。

漆原氏は、公明党が長年推進してきた給付型奨学金が17年度予算案で実現したことを紹介し、「経済の格差が教育の格差になってはいけないという公明党の思いが実った」と訴えた。

年賀会には樋口尚也衆院議員、石川博崇、杉久武、伊藤孝江、熊野正士の各参院議員も出席した。

公明新聞:2017年1月10日(火)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170110_22612


1月2

暮らし、福祉、教育を前へ

党幹部も各地で新春の訴え

【大阪】公明党の北側一雄副代表は2日、大阪市内で開かれた党大阪府本部(代表=佐藤茂樹衆院議員)の新春街頭演説会に佐藤氏のほか、山本香苗、石川博崇、杉久武の各参院議員と出席し、「経済の再生に持続的に取り組む」と訴えた。

北側副代表は「経済再生へ、企業収益を賃金の上昇に反映させる一方、下請け企業に還元されるよう取り引き慣行の改善を進める」と力説。佐藤氏は2017年度政府予算案の早期成立へ全力を挙げると述べた。

支援を呼び掛ける北側副代表と杉、山本、佐藤、石川の各氏=2日 大阪市

【宮城】公明党の井上義久幹事長は2日、仙台市内で開かれた党宮城県本部(代表=庄子賢一県議)の街頭演説会に参加した。

井上幹事長は、東日本大震災の発生から今年で6年を迎えることに触れ、「いまだ約5万人がプレハブ仮設で暮らし、6回目の正月を迎えた。一日も早く、当たり前の日常を取り戻せるよう住宅と生活の再建に全力を挙げる」と強調。「被災者一人一人が心の復興、人間の復興を成し遂げるまで寄り添う」と決意を述べた。

【静岡】党静岡県本部(代表=大口善徳国会対策委員長)は2日、静岡市内で街頭演説会を開催。大口県代表、前林孝一良、高田好浩、盛月寿美の各県議、岩崎良浩、馬居喜代子、山本彰彦、井上智仁、大石直樹、山梨渉の各静岡市議、長島強、加藤博男の両県青年局次長が参加した。

大口氏は、内外ともに不透明な時代にあって「公明党がいるから大丈夫」と言われるよう、内政安定と外交のリーダーシップ発揮に力を尽くすと力説した。

【愛知】党愛知県本部(代表=伊藤渉衆院議員)は2日、名古屋市で街頭演説会を開催。魚住裕一郎参院会長、伊藤県代表、新妻秀規、里見隆治両県副代表(ともに参院議員)、県議、名古屋市議が参加した。

魚住氏は、2017年度予算案に公明党の主張で無年金者対策や給付型奨学金創設などの教育施策が盛り込まれた成果を強調。さらに「人口減少・少子高齢化が進展する中で、現場の声を受け止めながら政策立案し、安心できる制度を構築していく」と訴えた。

【広島】公明党の斉藤鉄夫幹事長代行(衆院議員)は1日、広島市内で開かれた党広島県本部(代表=斉藤幹事長代行)の新春街頭演説会に、県議、広島市議と共に出席した。

斉藤氏は激動の世界情勢に触れながら「政治の安定が重要だ。公明党が、その要となり国民生活を守る」と強調。また、環太平洋連携協定(TPP)について、「世界平和の基盤となる自由貿易を推進したい。米国に粘り強く協定の意義を訴えていく」と主張した。

【愛媛】公明党の石田祝稔政務調査会長(衆院議員)は2日、党愛媛県本部(代表=笹岡博之県議)が松山市内で開催した街頭演説会に出席した。

石田氏は、無年金者対策として年金受給資格の取得期間の短縮や、給付型奨学金創設などの実績を紹介。「公明党は結党以来、福祉や教育を政治の中心に据えて政策を実現してきた。これからも『希望がゆきわたる国』の実現に全力で取り組む」と決意を表明した。

公明新聞:2017年1月4日(水)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170104_22561


12月16

不正薬物の流入を阻止

関空税関など視察
年末特別警戒で杉政務官

関西国際空港で麻薬探知犬の検査訓練を視察する杉久武財務大臣政務官

財務省大阪税関が麻薬や拳銃、テロ関連物質の密輸防止の取り締まりを強化する「年末特別警戒」に際し、杉久武財務大臣政務官(公明党)は16日、関西国際空港内の関西空港税関支署などを訪れ、税関職員を激励するとともに、検査状況を視察した。

杉政務官は税関支署で職員に対し職務の遂行に謝意を述べた上で、「不正薬物やテロ関連物質の国内流入を阻止することは、国民の安全・安心を守る税関の大切な使命だ。今後も水際での厳正な取り締まりに務めてほしい」と語った。

この後、杉政務官は税関入国検査場を訪れ、担当者から不正薬物・爆発物の探知装置やX線検査についてチェック状況の説明を受けた。

このほか、麻薬探知犬の訓練を視察した。

https://www.komei.or.jp/news/detail/20161217_22420
公明新聞:2016年12月17日(土)付


12月6

前畑崎辺道路の早期着工求める

杉政務官に長崎・佐世保市長ら

長崎県佐世保市の朝長則男市長らから要望を受ける杉久武財務大臣政務官

杉久武財務大臣政務官(公明党)は6日、財務省で長崎県佐世保市の朝長則男市長らと会い、防衛補助事業として市が計画する「前畑崎辺道路」の早期着工に関する要望を受けた。これには公明党の秋野公造参院議員、大塚克史市議が同席した。

朝長市長は、海上自衛隊の施設がある崎辺地区と市街地を結ぶ市道の道幅が狭いため、大型車同士のすれ違いが困難で、朝夕に渋滞が生じている現状を説明。今後、崎辺地区で予定される陸上自衛隊の水陸両用車部隊の配備や岸壁整備によって、大型車両の通行が増え、住民生活に重大な影響を及ぼすと訴え、新たな幹線となる同道路の2017年度中の着工と23年度完成に向けた財政支援を求めた。

杉政務官は「意見をしっかり踏まえて予算編成していきたい」と答えた。

2016年12月8日公明新聞7面


11月24

大阪・豊中で国会報告

豊中総支部の国会報告会で偶者控除の見直しなどについて説明する参議院議員杉久武

11月24日、党大阪・豊中総支部の国会報告会に出席し、党税制調査会で議論が始まった配偶者控除の見直しなどについて説明しました。


10月24

通貨の安定的供給を

大阪・造幣局で杉政務官 「貨幣大試験」に出席

大阪・造幣局で行われた 「貨幣大試験」に出席する杉久武財務大臣政務官

硬貨の重さを測定し規定内で製造されているかを検査する「製造貨幣大試験」が24日、大阪市北区の造幣局で実施された。これには杉久武財務大臣政務官(公明党)らが出席した。

大試験は1872年にスタート。145回目となる今回は1円から500円までの通常硬貨や、東日本大震災復興事業記念の1000円銀貨幣などから抽出した1万5200枚を検査し、いずれも基準を満たし合格となった。

杉政務官は「日本経済を支えてきたのが貨幣の品質管理だ。今後も安定的かつ確実に製造する使命を全うしてほしい」と語った。

公明新聞:2016年10月25日(火)付


KOMEITO公明党 公明党青年委員会 KOMEI YOUTH 公明党大阪府本部
パージ上部へ ミエル君