杉ひさたけWebsite

活動報告

1月22

日米関係さらに強化

米国の議会調査会が表敬
山口代表らが応対

公明党の山口那津男代表は21日、衆院第2議員会館で、日本の政策調査を目的に来日している米国上院外交委員会シニア・アドバイザーのマイケル・シファー氏と、米国議会調査会・日本研究グループ政策スタッフの表敬を受け、懇談した。

 

上田勇国際委員長(衆院議員)と、国際局次長の中野洋昌衆院議員、杉久武参院議員が同席した。

 

シファー氏らは、山口代表に対し、自公連立政権における公明党の役割や、憲法改正、安全保障政策などについて公明党の見解を質問した。

 

山口代表は、「公明党は自公連立政権の“数の安定”に寄与しているだけでなく、政治の“質の安定”を確保する役割も果たしている」と説明。憲法改正については恒久平和主義、基本的人権の尊重、国民主権の3原則を堅持しつつ、環境権など新たに必要とされる理念、条文を現行憲法に加える「加憲」の立場であることを強調した。

 

その上で、山口代表は「日中、日韓関係を改善し、首脳会談が組まれるよう全力を尽くしたい」とし、ソフトパワーを重視した外交の重要性を指摘。日米同盟については「東アジア地域の安定に向けて、さらに強化していきたい」と述べた。

 

公明新聞:2014年1月22日(水)付

https://www.komei.or.jp/news/detail/20140122_13120


1月14

経済の好循環を実現

「世界の成長」取り込む
現場の声受け止め政策化
大阪、奈良、京都で年賀会
山口代表らが出席

公明党の山口那津男代表は14日、党大阪府本部(佐藤茂樹代表=衆院議員)の新春年賀会に北側一雄副代表(衆院議員)らと共に出席し、あいさつした。これには佐藤氏をはじめ、竹内譲、浮島智子、国重徹、伊佐進一、中野洋昌、樋口尚也、濱村進の各衆院議員、山本香苗、石川博崇、杉久武の各参院議員らが出席した。

 

山口代表は、自公連立政権が経済再生を最優先課題に取り組んできた結果として「確実にこの大阪をはじめ、全国の経済指標に良い結果が現れてきている」と指摘。「企業収益を賃金や雇用の拡大につなげ、消費を呼び起こす『経済の好循環』を引き出していくことが今年の大きな目標だ」と述べた上で、「大阪は経済再生の重要な役割を担う“エンジン”であり、勢いある大阪から全国へ波及させていきたい」と訴えた。

 

その上で、今年4月に実施される消費増税について「景気抑制の影響をどう乗り越えていくかに最大の力を集中させていく」と述べる一方、5日からのインド訪問を振り返りながら、インドのみならず、世界の成長を日本に取り込んでいく施策に力を入れる考えを示した。

 

また、山口代表は大阪市などで、福祉や教育の充実が図られていることに言及し、「公明党の役割は、現場のニーズを受け止め、政策に仕上げ、実行に結び付けること」と力説。今年、公明党が結党50周年を迎えることに触れながら、「国民に『日本の針路はこれでいいんだ』と安心してもらえる1年にしたい」と訴えた。

 

佐藤氏は、「今年は“三つの実感”を持てる年にしたい」とし、(1)経済再生(2)社会保障の充実(3)東日本大震災の復興加速――への決意を表明。北側副代表は、関西の公明党国会議員団を紹介し、党への支援を呼び掛けた。

 

これに先立ち、来賓を代表して自民党大阪府連会長の竹本直一衆院議員があいさつしたほか、橋下徹大阪市長が「大阪市では公明党の合理的な提案を受け、福祉・医療・教育の分野を充実させてきた」と主張。松井一郎大阪府知事は「東京一極集中ではなく、大阪との二極体制をつくっていくことが大事だ」と強調した。また、日本商工連盟大阪地区の小池俊二代表は、「自公政権が安定を維持することが国民の願い」と述べ、期待を寄せた。

 

山口代表はこの日、党奈良県本部、京都府本部の新春年賀会にも相次いで出席し、あいさつ。奈良の年賀会には荒井正吾知事、京都の年賀会には伊吹文明衆院議長、山田啓二知事、門川大作京都市長らが来賓として出席した。

 

公明新聞:2014年1月15日(水)付

https://www.komei.or.jp/news/detail/20140115_13058


1月13

若者が希望持つ日本に

経済再生し雇用創出
公明 各地で「成人の日」街頭演説会

 

公明党は13日、全国各地で「成人の日」を記念する街頭演説会を活発に開催した。新成人の門出を祝うとともに、経済再生や労働環境の改善などを通じて、若者が希望を持てる社会の構築に全力を挙げると訴えた。

 

大阪

山本香苗党女性局長(参院議員)は、石川博崇党青年委員長(同)と共に大阪市北区で開催された党大阪府本部の街頭演説会に出席。樋口尚也衆院議員、杉久武参院議員、小玉隆子大阪市議も参加した。

 

山本さんは「若者の声を実現する力があるのは公明党」と強調。「新成人の日本を変えたいという思いを形にしたい」と訴えた。

 

石川氏は「景気回復の流れが若者に届き、実感できるよう全力を挙げる」と述べ、賃金上昇やブラック企業対策への決意を語った。

 

なお、この演説会では新成人に街頭モニタリング調査も行った。

 

2014年1月13日 月曜日

https://www.komei.or.jp/news/detail/20140114_13050


1月10

社会保障 充実に全力

北側副代表らが出席 年金安定させ難病対策も

公明党兵庫県本部(赤羽一嘉代表=衆院議員)は10日、神戸市内で新春年賀会を開き、北側一雄副代表ら公明党の衆参国会議員をはじめ、井戸敏三県知事、久元喜造神戸市長、自民党関係者など多数の来賓が出席した。

 

北側氏は今年の課題について、デフレ脱却、社会保障と税の一体改革の実行、外交の3点を挙げた上で、「本物の景気回復ができるか、今年が正念場だ。潤いが中小企業や地方、家計まで届くように全力で取り組む」と強調した。

 

社会保障と税の一体改革に関しては、基礎年金の国庫負担の引き上げによる年金財政の安定化や、難病指定の大幅な拡充などに取り組み、「具体的成果を勝ち取りたい」と語った。さらに、外交について「日中、日韓関係が改善するよう、公明党も役割を果たす」と述べた。

 

赤羽県代表は、結党50周年に触れ、「現場に入り、無名の大衆の声を受け止め、政治に反映してきたのが公明党のアイデンティティー(存在意義)だ。原点を忘れず、政治に携わっていく」と述べた。

 

新春年賀会には、公明党から浮島智子、中野洋昌、濱村進、樋口尚也の各衆院議員、山本香苗、石川博崇、杉久武、新妻秀規の各参院議員が出席した。

 

公明新聞:2014年1月11日(土)付

https://www.komei.or.jp/news/detail/20140111_13031


11月22

災害救援で国際協力を

クラークUNDP総裁と会談
山口代表ら

公明党の山口那津男代表は22日、衆院第2議員会館でヘレン・クラーク国連開発計画(UNDP)総裁の表敬を受け、会談した。山本香苗、杉久武両国際局次長(ともに参院議員)が同席した。

 

席上、山口代表はフィリピンで甚大な被害をもたらした台風30号のような「スーパー台風」が他国でも猛威を振るう危険性を指摘し、「災害に対する予防、救援の国際協力の枠組みをつくっていかなければならない」と強調。

 

クラーク総裁は「重要なトピックだ」として、フィリピンでの、がれき処理など災害に対するUNDPの取り組みを紹介した。

また山口代表は、内戦が続くシリア情勢の改善に向け、周辺国に派遣した石川博崇参院議員の調査が「日本の支援に生かされた」と力説。

 

一方で「シリアは厳しい情勢が続いている。国際社会が結束した支援と協力が必要だ」と指摘した。

 

これに対しクラーク総裁は「シリアの悲惨な状況がすぐに解決する見通しはない。レバノンのような小国に(内戦の影響が)波及していけば深刻だ」との考えを示した。

 

さらに、クラーク総裁がUNDPに対する資金面での協力を求めたのに対し山口代表は「強くサポートしていきたい」と応じた。

 

公明新聞:2013年11月23日(土)付

https://www.komei.or.jp/news/detail/20131123_12720


11月3

“3指針”胸に成長誓う

党大阪府本部が新人議員研修会
佐藤(茂)氏ら出席

公明党大阪府本部は2日、大阪市西区の関西公明会館で新人議員研修会を開き、佐藤茂樹府代表(衆院議員)をはじめ小笹正博同幹事長(大阪市議)、清水義人同幹事長代行(府議)らが担当した。

 

研修会は2011年の統一地方選以後に行われた9市2町議選で初当選した議員が対象で、今夏の参院選を勝ち抜いた杉久武参院議員も参加した。

 

佐藤氏は、(1)団結第一(2)大衆と直結(3)たゆまざる自己研さん―の党の永遠の3指針について言及。「孤立せず心を合わせていくことが重要」と述べるとともに、「さまざまな生活現場の悩みに懸命に対応することが大衆直結に通じる」「一回一回の議会質問を真剣に練り上げることが成長につながる」と強調。結党50周年へ「党員、支持者から喜ばれる力ある議員へと成長していこう」と呼び掛けた。

 

公明新聞:2013年11月3日(日)付

https://www.komei.or.jp/news/detail/20131103_12572


10月11

加工団地再建に遅れ

杉氏 水産関係者の声聞く
宮城・気仙沼市

公明党の杉久武参院議員は10日、東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市を訪れ、気仙沼漁業協同組合の佐藤亮輔代表理事組合長や、市内の水産加工業者と意見交換するとともに、魚市場を視察した。伊藤和博県議、村上進市議が同行した。

 

席上、佐藤組合長は、水産加工団地の再建が遅れていることに触れ「気仙沼の水産加工業は足掛け3年も本格的な営業ができず、総売り上げ金額はいまだ震災前の3分の1だ」と窮状を訴えた。

 

その上で、「来年6月のカツオ漁や9月のサンマ漁までには、何としても加工団地を完成させたい」と強調し、支援を要請した。

 

杉氏は「皆さんの声を真摯に受け止め、取り組んでいきたい」と話した。

 

公明新聞:2013年10月11日(金)付

https://www.komei.or.jp/news/detail/20131011_12406


10月10

決意あふれる支部会

杉氏が出席 結党50周年へ前進誓う

杉久武参院議員は9日、仙台市青葉区、泉区で開かれた総支部会に相次ぎ出席し、被災地の復興加速と国会論戦に向けた決意を述べた。

 

党仙台青葉総支部(石橋信勝総支部長=県議)の会合で杉氏は、宮城県の復興支援担当議員としての活動に触れ「被災地に寄り添い続け、現場の声を聞きながら復興に取り組みたい」と強調した。

 

さらに杉氏は「政党の中で最も公認会計士が多い公明党の強みを生かし、国への公会計制度の導入をめざし“財政の見える化”を実現したい」と訴えた。

 

公明新聞:2013年10月10日(木)付

https://www.komei.or.jp/news/detail/20131010_12392


10月9

特別史跡の保存支援へ

高松塚、石舞台古墳など視察
党明日香村プロジェクトチーム

公明党の明日香村の保存・整備プロジェクトチーム(PT、北側一雄座長)は8日、奈良県明日香村にある国の特別史跡・高松塚古墳などを視察し、古墳周辺の整備や歴史的遺産の保存方法に関して、松谷幸和副知事、森川裕一村長、菅谷文則・奈良県立橿原考古学研究所長らから現状や課題を聞いた。

 

同PTの北側座長、漆原良夫顧問、樋口尚也事務局次長、濱村進の各衆院議員、杉久武参院議員のほか、県議、地元で観光ボランティアガイドを務める森本晃司氏(元党国会議員)も同行した。

 

森川村長らは、高松塚古墳の石室に描かれた国宝の極彩色壁画がカビの発生で劣化し、2007年から修理作業を行っていることに言及。修理が終わる16年度以降の壁画の保存方法は、まだ方向性が定まっていないが「村としては“本来の姿”に限りなく近い状態で一般公開できるようにしてほしい」と要望した。また、村内にある飛鳥時代の遺跡「飛鳥京跡苑地」の整備や「飛鳥宮跡」の復元も、国・県で進めるよう求めた。

 

北側座長は「国の貴重な遺産を後世に残していくため、整備・保存に対する支援に全力を挙げたい」と語った。一行は、国の特別史跡・石舞台古墳やキトラ古墳も視察した。

 

公明新聞:2013年10月9日(水)付

https://www.komei.or.jp/news/detail/20131009_12383


9月29

ものづくり企業を応援

補助金による税の集中回避
中小企業庁が全国通知

中小企業庁は8月23日、設備投資を行うものづくり中小企業に対する国の補助金について、企業の税負担の集中を回避する「圧縮記帳」という処理ができることを全国に改めて通知した。これは、公明党の杉久武参院議員が中小企業庁に周知徹底を求めていたもの。

 

圧縮記帳とは、例えば企業が1500万円の工作機械を購入し、1000万円の補助金を受けた場合、1500万円から補助金額1000万円を差し引いた500万円を設備として記帳。法人税は500万円を機械の使用期間10年に案分した上で課税されるため、一時に集中する負担を回避することができる仕組みだ。逆に圧縮記帳できなければ、1000万円の補助金額も収益として記帳され、単年度に実効税率約38%分の法人税を納めることになるという。

 

杉氏は今夏の参院選後、大阪市内にあるメッキ加工の中小企業「株式会社コダマ」を視察。その際、同社の平井益子社長から「ものづくり補助金に関する地元説明会で、担当者から“圧縮記帳は難しい”との話があった。以前の同じ趣旨の補助金の時は圧縮記帳が認められたのに、どうして今回はだめなのか」との質問を受けた。

 

杉氏は早速、国税庁課税部法人課税課に確認したところ、「全く問題なく圧縮記帳できる」との回答を得た。

 

その上で、杉氏は2009年度補正予算事業「ものづくり補助金」の執行時点で既に、「圧縮記帳が認められる」との統一見解が出ていることを中小企業庁に改めて指摘し、同庁に「現場の説明会で統一見解と違った話が出るのは、情報の伝達に問題がある」と、周知徹底を求めていた。

 

杉氏に相談を寄せた平井社長は「すぐに動いてくれて本当に助かった」と感謝していた。

 

公明新聞:2013年9月29日(日)付

https://www.komei.or.jp/news/detail/20130929_12312


9月4

福祉と教育の連携強く

非行児童の教育現場など視察
浮島、中野、杉氏ら
大阪府

公明党の浮島智子、中野洋昌の両衆院議員と杉久武参院議員は3日、大阪府柏原市の児童自立支援施設・府立修徳学院と、同学院内に今年度から開校した市立桜坂小・中学校を視察した。八重樫善幸、内海久子、後藤太平の各府議、堅木照久市議が同行した。

 

同施設には、非行などで生活指導が必要な15歳までの子どもが入所。約30年間、住み込みで勤務する吉川正基院長ら職員が指導に当たっている。

 

今回、施設内に開校した小・中学校では通常と同様の義務教育を実施。大橋敏昭校長が「子どもと向き合うことは大変だが、指導次第で学力は伸びる」と述べ、吉川院長と共に「施設職員、学校職員が一体となって生活や学習指導に当たっていることが功を奏している」と強調した。

 

視察を終えた浮島さんらは「福祉と教育の連携強化に力を尽くしたい」と話していた。

 

この後、一行は大阪市の府立西成高校を訪れ、校内に生徒の居場所づくりを進める一般社団法人「office ドーナツトーク」の田中俊英代表らと意見を交わした。

 

公明新聞:2013年9月4日(水)付

https://www.komei.or.jp/news/detail/20130904_12129


8月26

連立政権で存在感示す

経済、社会保障、復興に全力
京都の夏季議員研で山口代表

公明党の山口那津男代表は25日、京都市内で開かれた党京都府本部(竹内譲代表=衆院議員)の夏季議員研修会に出席し、あいさつした。

 

山口代表は昨年の衆院選から東京都議選、参院選と続いた三つの選挙戦を通し、「政治の安定を求める国民の意思がはっきりと表れた」と指摘。「公明党の持ち味は小さな声を聞いて実現させるネットワークの力だ」と強調し、「連立政権の中で公明党の存在感を示し、国民の期待に応えていきたい」と力説した。

 

また、「政治の優先順位を見誤ってはいけない」と述べ、「公明党は経済再生、安心の社会保障、震災復興の加速化を全力で進めていく」と語った。

 

研修会では、北側一雄副代表を講師に社会保障と税の一体改革や選挙制度改革などについて学習。竹内府代表が長岡京市議選(9月29日告示、10月6日投票)に挑む公明3氏の勝利を訴えたほか山本香苗、杉久武の両参院議員があいさつした。

 

公明新聞:2013年8月26日(月)付

https://www.komei.or.jp/news/detail/20130826_12067


1 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 46
KOMEITO公明党 公明党青年委員会 KOMEI YOUTH 公明党大阪府本部
パージ上部へ ミエル君