6月22日、大阪北部地震の被害状況を調査するため、国土交通省の石井啓一大臣(公明党)が来阪。被災現場を視察するとともに、大阪府・松井一郎知事や茨木市・福岡洋一市長、高槻市・濱田剛史市長、箕面市・倉田哲郎市長らをはじめとした自治体関係者と今後の復旧に向けた取り組みについて意見交換しました。

私は、国重徹、伊佐進一両衆院議員、熊野正士参院議員らとともに同行させて頂きました。

限られた時間の中でしたが、高槻市立寿栄小学校、府道16号路面陥没(水道管破裂)箇所、淀川支川芥川堤防、大阪市東淀川区外塀倒壊箇所を視察。

また、鉄道関係者らとは、発災当日の状況を聴取のうえ今後の対応について意見交換を行いました。

一日も早い生活再建を/石井国交相 大阪北部地震の現地視察

https://www.komei.or.jp/komeinews/p4941/