5月25日、北川嗣雄・羽曳野市長や笠原由美子市議、石川博崇参院議員らとともに高木美智代厚生労働副大臣と面会。健康寿命延伸の取り組みへの支援に関する要望を行いました。

北川市長は、高齢者人口の増加に伴い、今後医療費や介護費の増加が想定される中、市民が健康であり続けるための市独自の取り組みを積極的に実施していることを強調。その上で、各市町村の事業を地域事情などを踏まえて柔軟に評価し、支援の充実を図るよう求めました。

高木副大臣は、しっかりと取り組む考えを示しました。