東日本大震災の発災から11日で7年を迎えるのを前に、仙台市で山口那津男代表、井上義久幹事長が出席して「みやぎ復興フォーラム2018」が開催され、私も出席をさせて頂きました。

また仙台市立荒浜小学校をはじめ、被災地を視察させて頂きました。

復興フォーラムでは、行政関係者や被災者支援に取り組むNPO法人の関係者らとワークショップを開催。復興への思いや支援のあり方について、六つのグループに分かれて活発に意見交換を実施。

私は、伊藤たかえ参議院議員と村上進・気仙沼市議は、気仙沼市の菅原茂市長、名取市の石塚昌志副市長、一般社団法人パーソナルサポートセンターの立岡学・業務執行常務理事と共に課題を語り合いました。

山口代表は、「風化、風評と闘うこと、この二つの目標と抗いながら、われわれは進んでいきたい」と強調。

私は、地域によって復興の進み具合が違うことを改めて痛感。一つ一つの課題に対して向き合い、一人に寄り添う支援を続けていきたいと決意させて頂きました。