1月29日、公明党大阪府本部にて「SNSを活用したいじめ・自殺相談」に関する勉強会を開催しました。

これには、大阪府のみならず奈良・和歌山両県本部所属議員、そして自治体関係者約20名が参加。既に試行実施されている滋賀県大津市や長野県の事例を通しての現状や課題、今後の展望などについて意見交換を行いました。

また、私も浮島智子衆議院議員とともに登壇し挨拶を述べさせて頂きました。

現在、中高生にスマートフォンが広く普及している現状を踏まえ、LINEやTwitterなどを中心としたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した相談窓口はいじめの早期発見に役立つと考えられます。

未来を担う子どもたちの命を守るためにも、本施策の事業推進に全力で取り組んで参ります。