大阪・造幣局で杉政務官 「貨幣大試験」に出席

大阪・造幣局で行われた 「貨幣大試験」に出席する杉久武財務大臣政務官

硬貨の重さを測定し規定内で製造されているかを検査する「製造貨幣大試験」が24日、大阪市北区の造幣局で実施された。これには杉久武財務大臣政務官(公明党)らが出席した。

大試験は1872年にスタート。145回目となる今回は1円から500円までの通常硬貨や、東日本大震災復興事業記念の1000円銀貨幣などから抽出した1万5200枚を検査し、いずれも基準を満たし合格となった。

杉政務官は「日本経済を支えてきたのが貨幣の品質管理だ。今後も安定的かつ確実に製造する使命を全うしてほしい」と語った。

公明新聞:2016年10月25日(火)付