選挙戦ラストサンデーの14日は、山本かなえ候補とともに真夏の大阪を全力で駆け巡りました!
遠方からも多くの皆様に駆けつけていただき、本当にありがとうございました!

_MG_3922

午前は、水都大阪のシンボル・道頓堀川で、船の上から街頭演説をさせていただきました!
はじめての試みでしたが、川沿いの遊歩道、ビルの窓、橋の上、行き交う船の乗客の皆様など、さまざまな場所から手を振っていただき、ご声援をいただきました。とくに戎橋のたもとでの演説には、多くの方が足を止めて注目いただき、杉を知っていただく絶好の機会となりました。山本かなえ候補は夕方に乗船、また合間の時間帯は伊佐衆議院議員がずっと船の上から呼びかけをしていただき、道頓堀界隈は1日中、杉・山本かなえの名前が響きわたりました!

0714

つづいて梅田・心斎橋・京橋の各街頭演説会を、山本かなえ候補とともに開催させていただきました。
市内中心部は、一時にわか雨が降りましたが、心斎橋の開始直前には雨もピタリと止み、すべての街頭演説会を無事に開催することができました。また京橋では、お子さまを連れた方が多く、ミエル君の周囲にはずっと子ども達が集まり、楽しそうな笑い声が聞かれました。駆けつけていただいた皆様、ありがとうございました!

私からはまず、軽減税率の導入を訴えさせていただきました。少子高齢化や社会保障費の増大により財政が厳しい中の消費税増税に対し、公明党は食料品や生活必需品の税率を軽くする「軽減税率」を訴えています。私はアメリカで働いていた3年間、軽減税率というものを経験し、「生活する上で非常に大切な政策」だと身をもって実感しました。会計士として鍛えた力を発揮し、軽減税率を必ず実現させてまいります!

また、一貫して主張してきた「財政の見える化」の実現で、国の姿勢をしっかりと正し、皆様の税金を1円をムダなく使われるようにすると決意を語らせていただきました。そして、景気回復の兆しを期待感だけで終わらせるのではなく、「給料が増えた」、「仕事が増えた」と皆様に言っていただけるまで、景気・経済の回復を成し遂げていくと強く訴えさせていただきました!

山本かなえ候補は、先月末の国会最終日に、多くの重要法案が廃案になった事を指摘した上で「何としても衆参のねじれを解消し、決められる政治を進めたい」と冒頭、訴えられました。また、「市民相談を通じてお一人お一人の声にしっかり耳を傾け、政策を実現する」のが公明党の特徴であり、今もベビーカーを使うお母さんを守るルールづくりを進めていることを紹介。今後の社会保障にも関わる「子育てを応援する社会」をめざすと訴えられました。

杉、山本かなえともども、最後の最後まで走り抜き、力の限り訴え抜いてまいります!どうか、あと一歩の押し上げを、心よりお願い申し上げます!!