こんにちは。杉ひさたけです!

7月2日に、大阪青年会議所主催の公開討論会「劇場版 選挙にいったんで! with NMB48」に出演させていただきました!
当日は500人の一般参加者、またニコニコ生中継でも2万6000人を超える方がご視聴されるなか、様々なテーマについて自身の意見を語らせていただきました!

冒頭、「若年層に対しての政策について」というテーマで登壇。私は、公明党の国会議員の約3割が青年議員であるということ、また携帯番号ポータビリティ制度やジョブカフェといった、青年世代に関わる公明党の実績を紹介しました。また現在、実現に向けて推進する給付型奨学金制度、幼児教育の無償化に触れ、「若者の代表として、青年の声を国会に届けたい」と訴えさせていただきました。

DSC_1643

つづいて○×形式のパネルディスカッションが行われ、憲法改正、TPP交渉への参加、原発問題の3テーマについて各予定候補が意見を語りました。
最後は「若者が選挙にいくためには?」との質問があり、私は「もっと政治がわかりやすくなるよう、まず政治家が説明していく必要がある」とお答えさせていただきました。これは若者だけでなく、すべての世代の方々に、政治をを身近に感じていただけるように取り組む事が大切だと思います!

今回お話させていただいた内容を含め、様々なテーマについての意見を
大阪青年会議所のページ(http://senkyo.osaka-jc.or.jp/profile/index.php?no=4)に掲載いただいています。

世界の大阪めざし、杉ひさたけは全力で動き、語り抜いてまいります!